やんわりラジコン(復活版)

人生の第4コーナーをマッタリと駆け抜けるRCライフ!

最高のラジコン好適日

こんな日!!

 

f:id:ze1w210:20200126182533j:plain

気温良し、視界良し、風なし の3拍子揃ってしまった。

おそらく今日が「零和2年最高のラジコン好適日」になるだろう。

 

f:id:ze1w210:20200126183154j:plain風が無いから発泡機が飛ばしやすいことときたら。

逆に機体と指の癖がモロに出てしまう。

 

で、風が強くなる昼前に退散~

 

 

そして、さらなるポンコツの高みへ

今日の気候は儲けモノ。

先週の玉砕機も修復して準備万端、レッツらゴー。

 

f:id:ze1w210:20200119202136j:plain

スタメンはもちろん「スカイリーフ」と「ポンコツ号ター坊」

華麗に復活となるか、それとも去就問題に発展するか運命の日。

 

まづは、ポンコツ号発車!

 

そして、5秒後にセンターポールに激突玉砕・・・

もうダメぽ・・・

 

f:id:ze1w210:20200119202534j:plain

こうなったら、機体名を地でいく作戦に変更。
緊急エポキシ手術により「真のポンコツ号」へ昇華。

その後なんとか3フライト。

1タンクごとにエンジンの回転が軽くなり、パワーが乗ってくるのが解かる。

これがブレークインが進む感覚なんだろうか。

 

f:id:ze1w210:20200119204256j:plain

そしてもう1機のリベンジ機、スカイリーフ。

飛んだことは飛んだが、玉砕前とは何となくフィーリングが異なる。

やはりPP素材の機体はバランスが微妙というか繊細というか。

もしかしたら指のせいかもしれないが・・・いや多分そうだろう。

 

f:id:ze1w210:20200119205233j:plain

昼近くなるとだんだん曇りっぽくなってきた。

そしたら寒い寒い。

エンジン機は寒いほうが調子が良いということで今日は3機出陣。

それにGP機特有のマンドクサイ儀式は真夏の炎天下では無理無理。

寒い間にガンガン飛ばしておこうっと。

 

 

これで安心・・・

日◯遠◯制◯が完全終了してから数年が経ったが、「XG14E」と「XG6」は今のところ変なタイマーが作動することもなく無問題で使えている模様。

しかし当然ながら再販や新製品はあり得ないので、周辺機器などは市場に流通している残り物のみ。

こうなると、予備の確保に走りたくなるのはマニアの衝動心理。

 

で、ゲト。

 

f:id:ze1w210:20200117182610j:plain

7ch受信機「RG712BX」と・・・

 

f:id:ze1w210:20200117182704j:plain

リモートアンテナ付きの7ch受信機「RG731BX」

 

パークフライ用の4chは揃っているので、今回はエンジン機でも安心して使えるハードケース仕様を増強した次第。

これでしばらくは受信機不足に悩まずに済みそう。

まぁ、素直にF葉製に鞍替えすれば良いだけのハナシだが、既に人生の第4コーナーを回りつつあるので、今さら路線変更は無理。

 

取りあえずはこれで安心。