読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やんわりラジコン(復活版)

人生の第4コーナーをマッタリと駆け抜けるRCライフ!

完全撤退でスッキリ

あいかわらず身辺整理が思うように進みません。

Mッツに関しては、先日に不要っぽいポテーを処分してみたものの、何だか中途半端な感じでスッキリしない。

こういう時はもっと極端な判断を行うべしということで、思い切ってMッツから完全に足を洗うことにしました。

まぁ、もともと生活的に優先順位が低いRCカテゴリの中でも、近頃ひときわ存在感が薄くなっていたので、今回の「特別行動」は時間の問題でしたが・・・

 

f:id:ze1w210:20161016190132j:plain

想えば私の初めての2.4GHzプロポがMッツの「KT-18」でした。

最後まで「ホイール式」に慣れることはできませんでしたが、軽量でシンプルな良い品でしたね。

 

f:id:ze1w210:20161016190901j:plain

「青缶」の限定モノも使わずじまいで処分です。

赤缶のパワーを持て余していたので、これをメイン機にする予定だったのに・・・残念。

 

f:id:ze1w210:20161016191330j:plain

Mッツ活動の全期間に渡って活躍してくれた「カプリス・タクシー」

お気に入り過ぎてスペアポテーも2個ストックしておいたのに、あっさりと一括処分になってしまいました。

心変わりというものは自分でも予想が付かないから不思議なもの。

 

f:id:ze1w210:20161016192036j:plain

これもMッツ活動の黎明期から走り込んだ「ポルシェ962C」

私にとって、ロスマンズカラーのルマン・ポルシェは絶対的存在でしたので、走行特性がイマイチにもかかわらず使い続けました。

 

f:id:ze1w210:20161016192531j:plain

これは思い入れが強すぎて結局載せることがなかった「フェラーリテスタロッサ

「走行用」と「保存用」の2セットを持っていたにもかかわらず、である。

それが今では簡単に処分できてしまうのだから、ある意味コワイ。

 

f:id:ze1w210:20161016193234j:plain

これも貴重過ぎて表舞台に立つことがなかった「フェラーリ・F40」

まぁ、F40についてはこのポテー1個だけだったので、実際に乗せることはなかったと思うが・・・

 

f:id:ze1w210:20161016193743j:plain

なんだかんだで、それなりに楽しませてくれたMッツ。

しかし、他と競い合う要素が強いカテゴリの宿命か、ある意味、空モノよりもテンションの持続が難しいのも事実。

ぜ~んぶ処分したら身軽になって何だか非常にスッキリした気分!

 

さあて、次は何を撤退しようかな~