やんわりラジコン(復活版)

人生の第4コーナーをマッタリと駆け抜けるRCライフ!

深刻なエラーが発生したため再起動します

すこぶるビターな味わいだったスカイリンボーのデビュー戦。

再起動に向けて、懲りもせずK国式の突貫工事を開始しる。

 

f:id:ze1w210:20200531204701j:plain

まづは現場検証。

嵩上げした部分がキレイにはがれてる。

せっかくクオリチィの高いOS純正ラジアルマウント奢ったのに・・・

ダメだこりゃ。

 

f:id:ze1w210:20200531204903j:plain

結局、一度は見捨てたはずの「キット付属の安物マウント」に再登場を願う。

採用を見送った一番の問題は、アームの幅が25エンジンに合わないこと。

今となってはそうも言ってられないので、許容範囲ギリギリにネジ穴を開けてトライ。

 

f:id:ze1w210:20200531205537j:plain

取りあえず強引にセット。

おそらく1玉砕でバラバラだろう。

もっとも、空中分解した時点で「ハイ、それまでよ!」

 

f:id:ze1w210:20200531205803j:plain

エンジンのアライメントが変わったので、改めてサイレンサーの逃げ加工。

いちおう、エンジン揺すってみてもOKな感じ。

しかし、いろいろクチャクチャになったので、まだ飛んでもいないのに何だか廃棄寸前のオーラが出てしまった。

 

 

というわけで、スカイリンボー仕切り直しと逝くか。

f:id:ze1w210:20200531211340j:plain

初始動からブレークイン突入の予定なので、飛行場最東端の僻地に陣取る。

'70s~'80sなら自宅の玄関先でブレークインが当たり前だったが、零◯時代に同じ事をすると即タイホだろう。

ここなら安心して気の済むまでブレークインに浸れる。

 

ところが新品のOS25FP、ウンともスンとも言わず掛かる気配すらなし。

ワケが解からず悪戦苦闘30分。

どうやら燃料が来過ぎているようだ。

試しにニードルかなり絞ってみたらアッサリ掛かってしまった。

10エンジンと同じ開度じゃダメなのね。

 

そのまま1タンク地上で回した後、エンジンの調子を感じながら3フライト。

1タンク毎にエンジンのフィーリングがどんどん良くなっていくのが面白い。

難産だったスカイリンボーの初飛行、これからもいろいろありそうだ。

 

 

 

そして、玉砕。(飛行前)

当初は新鮮だったス◯イホ◯ムもだいぶ飽きてきて、そろそろ精神がヤバいなと感じ始めた頃・・・

1ヶ月半に及んだ「第1次キンキュージタイ宣言」も一旦終了みたい。

これは「ラジコンもOKよ」のサインだと勝手に判断して緊急出撃!

 

f:id:ze1w210:20200531193529j:plain着いてみたら誰も居ない。

どうやら自己都合の判断はチョイと勇み足だったようだ。

まあ良い、自動的に3密も回避できるし。

 

f:id:ze1w210:20200531193733j:plain

今日は、長期にわたる巣ごもり生活の結晶とも言うべき「スカイリンボー」のテストフライトと洒落込む予定。

ヒロボー機のツーショットも最近では結構レアな部類だろう。

まづは、既に「安心機」の領域に達しようとしているポンコツ号で指慣らし。

何より2ヵ月以上放ったらかしのエンジンが難なく始動したのはビツクリ。

 

f:id:ze1w210:20200531194738j:plain

さて、本日の主皿であるスカイリンボー。

15年ほど前に「ミニスカイリンボー(EP400クラス)」を飛ばしたことはあるが、GP30クラスは初めて。

ドキドキワクワクのエンジン初始動につき、少々気合い入れ気味でスターターを当ててみたら・・・

 

・・エンジン、落っこっちゃった・・・

 

頑丈なOS純正ラジアルマウントを取付けるために嵩上げした防火壁が瞬殺。

原因を分かりやすく言えば「K国の水増しコンクリートの手抜き工事」的な感じか。

というわけで本日は玉砕終了。

 

あとは閲覧モードで余生を過ごすとするか・・・

f:id:ze1w210:20200531200601j:plain

かろうじて「1密状態」を保っているのでOKか。

 

それにしても、飛行前に玉砕したのは記憶にないぐらい超久しぶり。

その精神的ダメージと併せて、久々の夏日のラジコンだったこともあり、血がドロドロになってしまった。

いよいよ水分補給対策が必要な季節になってきたようだ。

 

 

在宅、はや1ヵ月

県独自の外出禁止令が宣言されてから1ヵ月。

備蓄用のインスタントラーメンもとうとう底が見えてきた。

 

さて肝心のラヂコンといったら・・・まったく飛ばせず。

逆に、押し入れに溜まったキットを作る絶好のチャンスなのだが、いつ飛ばせるのか分からないまま作り続けるのも何か虚しい・・・

ま、スカイリンボーが一応の完成を見たので、取りあえず次逝ってみよう。

 

f:id:ze1w210:20200512204435j:plain

狭小「049セスナ182スカイレーン」

エンコン無し、ラダーとエレベータの2チャンネルで飛ばせるヒコーキで、発売当時ひそかに空物デビューを計画していた機体。

なんせ、当時持っていたプロポはフタバアタック(初代)だけだったし。

ただ、当時は電動カーにドップリだったので敢えなく計画倒れ。

 

あれから30年・・・
当時のピュアなラヂコン精神を想い出しながらの再挑戦!

 

f:id:ze1w210:20200512212249j:plain

 

さてこの機体、エンジンはCOX049なので回しっぱなし。

つまり、ガス欠でエンストしてから着陸態勢に入るということ。

そんな状況でラダーだけで帰還させる自信など有りませぬ。

せっかくだからエルロン切り出して3チャンネル仕様にしてみよう。

 

パッケージには「1~2時間で大空へ!」みたいな記載があるが、時間は売るほど有るのでヤッツケ仕事にはしたくない。

 

f:id:ze1w210:20200512213333j:plain

エンジンは未体験ゾーンの極小049クラス。

エンジンはキットに標準搭載済みだが、おそらく耐久性は無きに等しいと思われるので予備エンジンを確保。

心配事は「こんなんで掛かるのか?」のスプリングスターターと、ポケブーを受け付けないプラグ形状。

このクラスのエンジンを手懐けるには多分いろんなノウハウがあるのだろう。

 

いろいろ面倒そうだ・・・